包茎手術の方法とメリット

包茎手術と呼ばれるものがあります。
これは、文字通り包茎と呼ばれる包皮によって亀頭が覆われた状態を改善させるための手術です。
この手術の種類はたくさんあるのですが、そのうちのいくつかについての紹介をしていきます。

まずはクランプ法と呼ばれるものです。
これは簡単に言うと、包皮のいらない部分をカットしてしまうというものとなります。
そもそも幼児の包茎治療のための方法として考案されたものなのですが、今でも行われているほどにメジャーな方法でもあります。
ちなみに、ペニスがツートンカラーになってしまう可能性があるということで、見た目を重視する場合にはあまりお勧めは出来ない方法となっています。

亀頭下環状切開術というものもあります。
これは、包皮の内側にある粘膜を切り取り、亀頭にあるカリと呼ばれる部分にくっつけるというものです。
この方法であれば、性感帯として知られる裏スジを温存できるため、手術後の快感もしっかりと維持することが出来るのです。
ちなみに、くっつけると言っても、きちんと縫合は行われますから間違ってもくっつけた部分が元に戻るということもありません。

ちなみに、こうした包茎手術を受けることに対してはしっかりとしたメリットもあります。
何よりも大きなメリットはコンプレックスが解消できることでしょう。
実は日本人男性の包茎割合というのはかなり高いため、そこまで気にすることは無いといわれているのですが、やはり女性に見られるということもあってそれなりのコンプレックスを感じる人も多いのです。
包茎手術を受けることによって、このコンプレックスが解消できるのはとても大きなことと言えるでしょう。



〔管理人推奨リンク〕
見た目を重視した亀頭直下埋没法で包茎手術を行っている専門クリニックのサイトです ・・・> 包茎手術

Copyright © 2014 包茎手術にはどんな方法がある? All Rights Reserved.